BRAND WORKS

エイワハウジング様

https://www.eiwa-housing.co.jp/

地域
大阪市
業種
分譲住宅
  • RE・ブランド構築

エイワハウジング

大阪市を中心に新築一戸建ての分譲事業を展開するエイワハウジング様。平成24年に工務部門を新設し、自社新築事業を始められました。自社新築事業が中心となり、設計士、デザイナーなどスタッフが充実し、よりよい家を提供できるようになったことで、エイワハウジングらしさをよりアピールすべくリブランディング着手に至りました。

「エイワハウジング」の思想と価値観を共通認識とする。

ブランド構築のステップとしてまず、経営理念を整理するため社長へのヒアリングからスタート。「永続的に発展する組織」、「本質を追求する愚直さ」、「積極的な変化・成長・挑戦」といった社長の考えが、「エイワハウジング」の根底に流れる思想・価値観につながっているのだと明らかになりました。一方、課題として感じていたことは、部署が増えたことでそれぞれの考える「エイワハウジング」の強みに一貫性がないことでした。そこで、営業・設計・施工から部署を超えたメンバーでワークショップを開催し、ブランドの軸を策定。もともと社長の想いに共感して入社したスタッフも多く、より良い家づくりを実現したいという共通の想いのもと活発な意見が出たワークとなりました。そして、自社の強みや特徴を言語化し、ターゲットを設定することで、自社の進むべき方向性となるブランドのコンセプトが生まれました。

Only Living for One family ひとつの家族に、ほかにはない暮らしを。

エイワハウジングの家づくりは、お客様一人ひとりにとってオンリーワンの家づくりを実現することを目的としており、そのために、お客様の想いに寄り添う姿勢を重視しています。この考えをシンプルに落とし込み、「Only Living for One family ひとつの家族に、ほかにはない暮らしを。」というコンセプトが誕生しました。

「家族の幸せのためのプレゼント」リボンをモチーフに

コンセプトの "Only Living for One family” の "Liv” と "One" をつなげ、 "LIVONE" という分譲ブランドを策定。
ブランド名には、ひとつの家族のために、探究心と提案力で家づくりをやりぬくスタンスをもち、家族の幸せのためにプレゼントをつくるという意味が込められています。
ロゴマークは、リボンのモチーフと家のモチーフを組み合わせ、家や家族、その暮らしを取り囲むさまを表しています。そして力強いゴシックのロゴタイポを組み合わせることで、さまざまな形態、さまざまな世界観にもフィットするよう、シンプルで分かりやすいシンボルとなりました。

想いに寄り添う姿勢を重視した、人中心の会社。その人らしさの伝わるスタッフぺージに。

WEBサイトのスタッフページで使用した写真は、スタッフの自然な姿や仕事風景が伝わるよう、取材にもこだわりました。そしてもう一つの特徴的なコンテンツである「家族と住まいの幸せレポート」では、実際にお客様のご自宅に伺い、インタビューを実施。お客様とスタッフとの信頼関係が映し出される、エイワハウジングの家づくりに期待が膨らむWEBサイトを目指しました。

リボンをかけたプレゼント風のパンフレット。細部までブランドらしさを統一。

ブランドを浸透させるツールとして、ロゴの形を活かした形状でデザイン。ブランドコンセプトや自社の強みを盛り込んだ構成となっています。またエイワハウジングの社員らしさを表す「親近感」が伝わるよう、素朴な質問に丁寧に応える「家づくりQ&A」コンテンツを盛り込みました。
シェアする
Facebookでシェアする
Twitterでシェアする
LINEでシェアする