BRAND WORKS

株式会社もりぞう様

https://www.mori-zou.com/index.shtml

地域
関東、信越・北陸、東海
業種
注文住宅
  • インナーブランド構築

株式会社もりぞう

高級素材である“木曾ひのき”を使った「100年住み継ぐ家」、長寿命で快適な家づくりを特徴とするもりぞう様。関東を中心に展開し、現在レオパレスグループの一員として注文住宅の設計・施工・監理を行っています。企業の転換期からさらなる成長へ、社内の意思統一が必要であると判断。自社のブランドについて全社員に共通認識を持ってもらうため、経営者はもちろん社員の方々を巻き込んで、企業理念策定を中心としたインナーブランディングに取り組みました。

インナーブランド強化のため、経営者の想いから理念を再構築。

企業フィロソフィーの定着や社内のコミュニケーションの不足を感じていたもりぞう様。オーダーは社員一人ひとりが誇りを持てる“ナンバーワンの会社”にしていくためのインナーブランドの強化、企業理念の再構築でした。そこでまずは経営者へのヒアリングを実施。もりぞうが果たすべき使命、目指す未来、大切にしている価値観を語っていただきました。その中で出てきたのは「100年住み継ぐ家とし、“森”を守ることへのこだわり」「最高の木材を使った“家づくり”へのこだわり」「個を尊重し、長所を伸ばす“人”へのこだわり」。これをMission、Vision、Valueのフレームに整理し、3つを一言で表す言葉として、『森に、人に、日本一の誇りを』というステイトメントを作成しました。

社員の方々を集めたワークショップで、56もの行動規範を策定。

経営者ヒアリングより策定したMission、Vision、Valueから、具体的に落とし込んだ行動規範を定めるワークショップを行いました。本社社員に加え全国からキーマンとなる社員を集めて実施。理念に基づいた行動とはどのようなものかを考え、「個人の問題をチームの問題として捉える」「お客様と一緒に創り上げることを喜びとする」など多くの意見を出し、集約していく作業を繰り返しました。そして7つのカテゴリー・56の文章からなる行動規範ができあがります。回数を経るにつれ、参加社員の方々も熱を帯びていき、とても盛り上がるものとなりました。

文庫本のように手にとりやすい、企業理念をまとめた本『もりぞうWAY』

こうして約3ヶ月かけて経営者と社員の方々の想いの詰まった企業理念が完成。さらにいつでも自社の目指すものやあるべき姿を確認できるよう、一冊の本『もりぞうWAY』を作成し、全国の社員に配布しました。このコンセプトブックは持ち運びやすいサイズとなっており、日常的に社員の方々が手にとって振り返ることができるものとなっています。

行動に直結する身近な存在の企業理念に。

理念構築後は、ワークショップに参加した社員が全国の所属支社にもりぞうWAYを持ち帰り、定着を進めました。社員が自発的に勉強会を開くなど、自社の理念について学ぶ機会が設けられるように。またそれまで各支店で異なっていた朝礼についても、毎日理念を考える時間が取られるように変わっていきました。社内の価値観が統一された結果、もりぞう様では理念を「覚えている」だけではなく「行動に反映できる」ようになったのです。再構築したこの理念は、現在社内全体に深く根付いています。
シェアする
Facebookでシェアする
Twitterでシェアする
LINEでシェアする