BRAND WORKS

IFA住宅設計室様

http://www.ifainc.jp/

地域
大阪府枚方市
業種
注文住宅
  • ゼロ・ブランド構築

IFA住宅設計室

2005年に注文住宅事業を立ち上げられたIFA住宅設計室。新規事業のため、まだ何も事業としての実態がない中で、狙うべきお客様を設定し、誰にどのような価値を提供するのかということを定めながら、ブランド構築に着手しました。その後、何度かのリブランディングに取り組み、事業内容とブランド価値を研ぎすませていく、そのすべての工程をサポートさせていただきました。今では多くのファンが集まる住宅会社として存在感を発揮しています。

建築家との家づくりをもっと身近に。 ブランドメッセージの構築から着手。

新規事業の立ち上げ時に決定していたことは、建築家と建てる注文住宅を提供したいということ。その事業をカタチにするために、数多くの打ち合わせを行い、住宅事業の中身を一緒に具体化していくことになりました。本当に良い家とは何なのか、提供する価値は何なのか、そのためのメッセージづくりを行いました。出来上がったブランドスローガンは、『ひと、こころ、よろこび「すーっ」とこころにとけこむような』です。情緒的で奥深さのある「こころの本質」を表現。2005年の立ち上げ当時から今も変わらずブランドの中心的なメッセージとして、現在も大切にされています。

IFA住宅設計室とグループ企業の役割と付加価値を明確に。

IFA住宅設計室は、建築家との住まいづくりを、楽園不動産は、その土地に建てられる家をイメージしながら土地探しを、F.G.Sは暮らしを豊かにする薪ストーブを、廿日市家具製作所は、オリジナルのオーダー家具を提供。そのすべてがIFAブランドに寄り添うように情報を設計することで、グループ企業として一貫性を持たせると共に、各企業の個性を打ち出しています。

IFAグループ企業の設立とともに、リブランディング。

ブランドスローガンである「ひと、こころ、よろこび」を実現するために、土地、薪ストーブ、家具の専門企業を設立。土地の紹介から建築、造作家具に至るまで、住まいを総合的にプロデュースできる環境が整いました。その事業構造の変化に伴い、IFA住宅設計室とグループ企業のサービスを統合するリブランディングを行いました。ここでも変わらず当時のブランドスローガンはそのままに、新しい提供価値をWEBサイトの制作工程で再構築しました。

オフライン広告も継続的に実施することで、認知拡大。

地域密着のエリア戦略をとっているからこそ可能となる、継続的な認知拡大と集客の施策。住宅会社では一般的な集客企画となる完成見学会とは別に、オーナー様宅への訪問を1つの企画にしてキャンペーンを行ったり、今までの建築事例を展示する建築家作品展を行ったり、継続的にエリアの顧客と接点を持つプロモーション活動を実施しました。こちらはIFA住宅設計室の定番企画となり、年に数回、確実に集客できるイベントとして実施されています。
シェアする
Facebookでシェアする
Twitterでシェアする
LINEでシェアする