ぴったりのプランナーへGROW MY BRAND

3 YEARS LATER木虎 祐希

大阪府立大学卒 2015年入社

notio

なぜ、ノティオで働こうと思ったのか?

大学時代に学園祭の実行委員会に所属していて、それが楽しくやりがいを感じていたので、就職も「企画をする仕事」という観点で探していました。業種で言うと広告会社の他、旅行会社やイベント企画会社など。大手に入りたいという希望はそれほどなく、どちらかというと一緒に会社を作っていけるところがいいと思っていました。広告の仕事にも興味がありノティオはたまたま合同説明会のブースを発見して知ったのですが、個別説明会のときに明確な成長ビジョンが語られ、その一翼を担いたいなと思ったのがきっかけです。

現在している仕事は?

クライアント先へ訪問してのブランド構築やプロモーションの提案を行っています。それと並行してWEBサイトのアクセス解析およびサイト改訂や、WEB広告の運用を通して成果をどのようにあげていくかという提案をしています。

ノティオに入っての3年間を振り返る。

大変だなと感じたこと

考えることがたくさんあること。はじめは誰でもわからないことからスタートですが、ノティオの商品は1つとして同じものがないフルオーダーメイドなので、クライアントごとに考えること、覚えることがたくさんありました。もう一つは「ブランド」を伝えること。抽象的な話になりがちなのですが、それをどうクライアントに話せばわかりやすいのかを考えました。社長や先輩がクライアント先で話しているワードをひろって、自分の言葉にしていくようにしました。

入ってよかったと感じたこと

尊敬できる方が社員にたくさんいること。これまで狭い世界でしか生きてこなかったんだと感じます。知らないことを知っていたり、自分が日常考えもしないことを日頃から考えている人がいたり、超絶仕事早い人がいたり。刺激をたくさんもらえる環境です。社内に限らず、いろいろな経営者の方ともお話をする機会があるので、そこで十人十色な考え方を聞けるのもおもしろいです。どれが正しいとかではなく、それぞれが思う正しさのもとに事業をしていらっしゃるので、そういう考え方もあるんだと視野が広がります。また、大学時代の友人と話をすると、たいてい人間関係のもつれがあるようですが、この会社で感じたことはありません。言いたいことは建設的に話し合う、スマートな会社だと思います。

個人として得られたもの、成長したこと

WEBの知識。入社時はほんとうにいちユーザーとして検索をしたり、動画を見たり、たまにSNSに投稿したりというだけでしたが、WEBプロモーションの仕事をしてきて、WEB上にある情報がどのように発信されているかや、サイトがどのように見られているかを知ることができました。正直、これまでIT系のカタカナ言葉には苦手意識がありましたが、覚えてしまえばなんてことありません。常に進化していくWEBの世界で新しい発見があるのはおもしろいなと感じます。

ノティオに入って、
社会人になって3年を超えて
GROW MY BRAND

ぴったりのプランナーへ

クライアントの課題に対して「ぴったり」な改善提案ができるようになっていきたいです。それはクライアントが気づいている課題はもちろんのこと、「実はこんなところに課題があったんだ」と気づきが与えられるようになることを目指していきます。あとは時間に「ぴったり」です。社会人になって本当に難しいと感じているのは、時間管理です。計画通りに仕事を進められる敏腕プランナーになっていきたいです。「仕事が早くてかっこいい!」と思われるようにトレーニング中です。

最後に、就職活動をしているみなさんにメッセージを。

自分がわくわくできる会社を探していいただければと思います。社会人経験のない状態で、自分の適職なんてよくわからないと思います。でも自分の心が動く会社を選択できれば、とりあえずがんばれます。私自身、就職活動は楽しかった記憶があります。いろいろな会社の話を聞いて、こんな仕事もあるんだと知らないことを知っていく楽しみがありました。そして1番心が動いた会社が、ノティオでした。ノティオにはもちろん苦しいこともありますが、知る楽しさ、かたちにする楽しさがあると思います。もしご縁があれば、ぜひ一緒にお仕事しましょう!

3 YEARS LATER3年後の主役たち

ノティオの主役となっていくメンバーです。

DAISUKE KAJIKAWA梶川 大輔

頼りになるマネージャーへ

KADUE ISHIBASHI石橋 一恵

論理思考のプランナーへ

KOU TANIGUCHI谷口 昂

デザインの透明度が高いデザイナーへ