リノベーションする人、○○しがち。

-
リノベーションビジネスが熱く盛り上がってきています。

先日、日経新聞でも特集記事が組まれていました。

高級住宅街で知られる東京都世田谷区の二子玉川に、
体験型のDIYショップが数多く出店されています。

tukuriba(ツクリバ)

初めての女性でもできるDIYをコンセプトに、
気軽に作って、持ち帰ることができるワークスペースを提供しています。

そんなこんなで、リノベーションする人は○○しがち、を考えてみました。

①フレンチブルドッグ飼いがち
②WEB系の仕事しがち
③MACBOOK使いがち
④斉藤和義聞きがち
⑤奥さん髪型ショートにしがち
⑥植物はオリーブを好みがち
⑦芸術系大学に行きがち
⑧大阪なら西区、東京なら目黒区に住みがち
⑨良く笑いがち
⑩自分で机に色を塗りがち

思いつくままに書いてみました。

リノベーションする人のターゲティングは、
年齢、家族構成、性別、年収のみならず、嗜好を捉えることが大切です。

新築マーケットは、属性定義だけでもある程度ターゲティングは出来ましたが、
新たなリノベーション市場は、属性+嗜好性が重要だと考えます。

どんな人と繋がりたいのか、どんな人が評価してくれるのか、
このあたりの深掘りが必要だと思いましたので、○○しがちを考えてみました。。。
| comments (0) | trackbacks (0) |

住宅企業のブランド戦略。

-
最近、ブランド構築に関するお問い合せや相談が増えてきています。

ブランドと聞くと、大手企業のものだと思われていたものが、
地域密着の中小企業の中でも、
徐々にその必要性と有効性が認識されてきたのではないかと思います。

少し前から、マーケティング系の雑誌などでは必ずと言っていいほど、
「ブランド」についての特集が組まれています。

最近ですと、住宅系の雑誌にも「ブランド」というキーワードが出始めてきています。

住宅業界は、人口減少と少子高齢化の時代を迎え、
競合他社との競争は間違いなく激しいものとなります。

そんな中で、競合に打ち勝つ1つの本質的な手段として、
ブランド力を高めることが注目されてきたのだと思います。

そのためには、自社の強みや提供している価値を洗い出し、
「どんな良いことを顧客に提供できるか」を明確にしなければなりません。

そして、その価値を最も評価してくれる「顧客は誰か」を定義します。

企業が日常的に行っている業務の中にも、
きっと顧客に高く評価されている価値があるはずです。

また、問い合せを頂いた多くの顧客の中から、
相性の良い、とても満足度の高い顧客がいるはずです。

そのような相互満足度の高いゾーンを探すところからでも、
ブランド構築のプロジェクトは始められます。

理念と、事業と、商品とが、整理できていないケースも多くあります。

よろしければ、まずは一度お話をお聞かせいただき、
何から始めるべきかを相談するところから始めていきましょう。
| comments (0) | trackbacks (0) |

大阪都構想、否決。

-
みなさまご存知のとおり、
大阪市民の住民投票による、大坂都構想が否決されました。

正直、私は残念であります。

ノティオの社員も、クライアントの皆様も、それぞれ賛否はあったかと思います。
したがって、今回の結果について改めて述べるつもりはありませんが、
ますは今後の大阪の改革を見守っていきたいと思います。


それにしても、橋本さんのリーダーシップは改めてすごい。


企業経営で考えてみても、

①まだ見ぬ未来を力強く描き、

②実現するための組織をつくり、

③どんな困難があっても執着心を持ってやり抜く。

こんなことが、出来る人はなかなかいないと思います。


私はひとりの人間として、今後も橋本さんを応援していきたいと思います。
| comments (0) | trackbacks (0) |

ベストベンチャー100選出。

-
ベストベンチャー100に選出されましたので紹介しておきます。

ベストベンチャー100とは、
これから成長が期待される、国内ベンチャー企業100社を限定で紹介するサイト。
※サイト内、右上のノティオのロゴをクリックすると、詳細が確認できます。

ベストベンチャーと今後も言われるように、頑張っていきましょう。
| comments (0) | trackbacks (0) |

2016年新卒採用にかける想い。

-
ノティオの新卒第3期生となります2016年の採用活動が始まっております。

すでに全6回の会社説明会を終え、
次回選考のグループワークに向けた準備を行っています。

今年の採用コンセプトは「自ら動く。心が動く。人が動く。」とし、
これから大きな変化・成長を遂げようとしているノティオの中心的な人材として、
リーダーシップがある人を求めています。

リーダーシップがあるとは、

①自分ごと化する力があり、
②考えて、考えて、考え抜く思考力を持ち、
③行動できること、としています。

そして、何事も前向きに楽しむ心を持っている人と、言語化しています。

1期生、2期生、そして今回の3期生がノティオの将来を背負い、
大きく成長し活躍するとき、次のステージが見えてくると信じています。

ここから3年はノティオにとって激動の時代。

楽しんでいきたいと思います。
| comments (0) | trackbacks (0) |

2015年、新年のご挨拶。

-
明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございます。

今年も住宅企業の皆様のお役に立てるよう頑張っていきたいと考えております。
引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、2015年のノティオですが、
以下の5つの方針を本日、全社に発表いたしました。


①組織を変える

②収益の中心を変える

③学ぶ組織に変える

④売り方を変える

⑤働き方を変える


もともと、変えることが好きな企業ではありますが、
今年はこの5つの変化を自ら起こしていきたい。

クライアントへは結果にこだわってサービスを提供することで、
良き利益を頂戴する。

そして、共に働く社員には、
豊かな時間と、十分な給与を還元したい。

住宅業界全体の活性化、新たな住の選択肢を見出すことで、
社会を豊かにしていきたい。

日々トレーニングを積み、クライアントの皆様に喜んでいただけるよう頑張っていきます。

2015年のノティオを重ねて、よろしくお願い申し上げます。
| comments (0) | trackbacks (0) |

育てる、育つ。

-
来期に向けて、新しい人材育成のプログラムを構築しています。

入社3年後の期待する像を明確にして、そこに至るプロセスを考える。
必要なスキルを整理し、習得方法を検討する。

ただ、そんなことを考えているうちに、
「育つ」側の姿勢について明確にしておく必要があるな、と思い始めました。

そういえばと思い、
人材育成プログラムをつくった当初のの「目的」と「心得」を以下に記します。



■目的
・社員一人ひとりが成長し豊かな人生を形成する。
・社員力を高め企業力を高めることでクライアントに喜ばれる商品・サービスを提供する。
・商品力・サービス力が高まることで、永続的な業績拡大を行う。
・社員一人ひとりがイキイキと働き、社会に誇れる会社になる。

■心得
・自分のキャリアは自分でつくることを基本姿勢とする。
・研修、セミナー、各種勉強会への参加は日常業務に優先して参加する。
・学んだ知識は誰かに話し、実践し、失敗することで自らに取り入れる。



「人材育成プログラムがあります!」と言うと、多くの学生さんや中途採用の面談の際に、
「自分を成長せてくれそう」という言葉が返ってきます。
この言葉に違和感を感じながらも、魅力に感じてもらえるならといいか、と思っていました。

ただ、2015年度の新卒採用も始まっていますので、
私の考えをメッセージとしてお伝えするとすれば「会社は学校ではない」ということです。

人材育成プログラムの「心得」の中に示してあります。

「自分のキャリアは自分でつくることを基本姿勢とする。」
「学んだ知識は誰かに話し、実践し、失敗することで自らに取り入れる。」

つまり、会社に育ててもらうということではなく「自分で育つ」ということ。
人材育成プログラムという仕組みがあるというだけで、
受け身でも成長できると勘違いされやすい。
会社では研修や勉強会、業務の中で必要な教育は行いますが、
それだけを受けていてもあまり意味はありません。

日々の業務の中で、自ら考え、実践し、失敗や成功を通じて成長していく。
「自ら成長する」という強い意志を持って仕事に取り組むこと。

この基本的な姿勢がとても大切だと思います。
| comments (0) | trackbacks (0) |

2014 明けましておめでとうございます。

-
2014年も本日より仕事はじめ。
昨年は多くの投資を行った1年。今年はその実行と改善を繰り返していきます。

新卒採用1期生の迎え入れ、中途採用による組織化、東京支店の成長、
コンサルティング事業の品質向上、新規事業の立ち上げ、
人材育成と評価制度の見直しなど、盛りだくさんの1年になりそうです。

また、住宅業界は消費税の影響などで先が読みにくい状況ではありますが、
短期的な視点で一喜一憂するのではなく、
中・長期的に成長できる強い企業づくりのお手伝いをしていきたいと考えています。

そのためにも私たちノティオのメンバーひとりひとりが成長し、
強い意思と情熱を持って取り組んでいく必要があります。

素晴らしい1年にして行きましょう!
| comments (2) | trackbacks (0) |

ゼロを読んで。

-
ホリエモンこと堀江貴文氏の「ゼロ」をさっそく読んでみた。

zero.JPG
















今まで同世代の経営者ということで刺激を受けることはあったが、
すごく好きという訳でもないし、すごく嫌いという訳でもない。

言動が勤めていたころの社長に似ているせいもある。

ただ今回の「ゼロ」はとても本質的で共感した。

偶然ではあるが2104年の新卒採用のコンセプトの「1」と表現が重なる。
ゼロをイチにしていく地道な努力。

「時間」を差し出し、時間と引き換えにお金をもらう「労働」ではなく、
付加価値を提供し、お金を稼ぐ働き方について。

できない理由から考える思考が可能性を潰しているのであって、
できるかできないかは能力や条件、環境の問題ではなく思考の問題である。

やりたいことは全部やる、
つまり行動力の差が人生の豊さの差になる。

そして、自分を信じて「一生懸命に働く」。

無性に働きたくなった。
| comments (0) | trackbacks (0) |

新卒採用2015。

-
新卒採用2015年の準備が始まりました。

12月1日のオープンに向けて、
リクルーターが中心となって急ピッチで進めております。

私たちノティオは企業や商品のブランドを取り扱う会社なので、
自社の新卒採用もマーケティング的な発想で取り組みます。

今回採用で最も伝えたい中心的な考えを「採用コンセプト」として言語化し、
ノティオに入社してほしい人材イメージを「求める人物像」として整理します。

ただ単に会社の概要や事業の説明をするのではなく、
ターゲット(求める人物像)の心に届けるメッセージを絞り込み、
その軸からブレることなく全ての選考を設計してきます。

12月1日、マイナビ公開。
自社の採用WEBも同時公開します。また見てくださいね。
| comments (0) | trackbacks (0) |
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 /14 >>