POCKET HOUSE(株式会社ケイ・アイ・エス)様|URL:http://www.pocket-house.com/

POCKET HOUSEイメージ

「『時間の設計』を通じて暮らしをデザインする企業」として、「POCKET HOUSE」ブランドを構築。

提案の背景

BtoBから、BtoCへ。
飛躍する企業の在り方を再定義。

企業間取引をメインとする立場から、生活者とのダイレクトな取引をメインとする企業へ。

単に住宅という「ハード面」だけでなく、暮らす時間を設計するという「ソフト面」も含めた、「生活デザイン企業」としての強みを活かし、大いに飛躍しようとするクライアントに対して、企業のあるべき姿と市場での存在意義を明確に打ち出すブランディングをご提案しました。

ロゴイメージ

提案内容

企業ドメインを定義して、
あるべき姿と存在意義を確立。

「POCKET HOUSE」とは、いったい何者なのか。
私たちはまず、この定義に取り組みました。

「SWOT分析」「社内ヒアリング」「顧客ヒアリング」「競合分析」を経た結果、その定義は次のようになりました。

ドメイン(企業活動の領域)|東大阪市内において、「時間の設計」という独自の視点で、最適解の住まい方を提案する会社。

提案内容

企業ドメインを基に、
ビジョンとミッションを作成。

私たちは次に、企業ドメインの定義に基づいて、「POCKET HOUSE」が企業としてあるべき未来像<ビジョン>と市場での存在意義<ミッション>、そして顧客に送るメッセージである<スローガン>を作成しました。

ビジョン (あるべき未来像)|東大阪市で唯一無二の生活デザイン企業になる。

ミッション (存在意義)|「時間の設計」という価値観を通じて、東大阪市の人々の暮らしを変える。

スローガン (要約したメッセージ)|「暮らす時間をDesignする。」

提案内容

広く伝えるべきメッセージを
ロゴマークで表現。

続いて、「POCKET HOUSE」が掲げる独自の価値観=「時間の設計」を概念的に表現するロゴマークを制作しました。

この概念図は、「繋がりゆく時間軸の中で、変わりゆくActivity(ライフスタイルや価値観、家族構成の変化など)」を表すもの。

ここに「不変の快適性を与える」という「POCKET HOUSE」における重要なメッセージを込めたものこそロゴマークに相応しいものである、とご提案しました。

ロゴマーク

提案内容

FLASHを効果的に用いて、
「時間」をコンセプチュアルに表現。

ホームページデザインは、「時間」をコンセプトに構築しました。
トップページには、Flashを用いて時間と人の動きを表現しながら、印象的かつドラマティックにメッセージを伝えるものを。コンセプトページでは、ロゴマークの原型となった概念図を用いて企業の想いを語りかけるような構成をご提案しました。

→ POCKET HOUSE(ポケットハウス)WEBサイト

  • [資料請求はこちら(無料)] 数字に繋がる催促のノウハウとアイデア集!

pagetop